額のしわのボトックス治療ー当外来の特徴



1.スポック眉などの変形を回避し,美しい仕上がりを
目指します


額のしわボトックスのリスク

従来、ボトックスは額の外側に打つと眼瞼下垂症を引き起こす可能性が高いため禁忌とされてきました。

しかしこの従来型のボトックスによる額のしわ治療では、施術後にいかにもボトックスを打ったような眉や目元の変形を来すことがあります。




その一つが眉毛外側過度挙上状態。
スタートレックのミスタースポック船長のような眉ということで、スポック眉と呼ばれることもあります。

また、上の写真ほど強い変形を来さないまでも、眉をあげたときに眉の外側に山なりの筋繊維が盛り上がり、美しい表情を損なってしまうことがあります。




スポック変形の回避このような合併症を回避する目的でスポックブローを生じる可能性の高い

  • 表情が豊かで前頭筋の筋力が強い方
  • 過去にスポックブローを生じた方
  • 眼瞼下垂症のない方

などの条件に当てはまる場合には、
眉毛外側上の前頭筋筋繊維にもわずかにボトックスを注入させていただいております。









2.眼瞼下垂症の兆候がある方にも対応

眼瞼下垂症の兆候がある患者様は、額のボトックス注射を行うと症状が悪化することがあります。

ボトックスを額の皮内に注射することでこのような自体を回避することが可能です。

皮内ボトックス注射は筋肉にボトックスを注射する場合と比較して痛みが強いため、麻酔クリームと冷却麻酔をおすすめしております。


3.低価格のタッチアップ(追加修正)で安心

タッチアップ制度

ボトックスの注射は効果の出方に個人差があります。

このため1回の治療で終了とせずタッチアップ(追加修正)を行うことで、微妙な調整を行ったり効果を増強させたりすることが可能で、これにより美しい仕上がりが実現します。

タッチアップ修正は1ヶ月以内、1回のみ低価格で受けていただくことができます。



お問い合わせ

電話相談・予約
ご相談・ご予約はお電話
でも承ります。
03-3237-8661
受付時間(月~土) 
9:30~17:30


無料メール 相談カウンセリング 予約アフターケア 相談 挿絵