埋没法できれいな二重に

二重まぶたの整形手術の中でも埋没法は最も手軽な方法です。手術時間約20分でパッチリした二重まぶたになることができます。
ダウンタイムも最小限でまぶたの腫れが少ないのが魅力です。



埋没法手術

8-0という細い糸を使用し、眼を閉じたときにまぶたの上に糸が透けてみえたり膨らんで見えるリスクを低減しています。
また、角膜障害を避ける目的で瞼板裏に糸が露出しない縫合法をとっています。

二重の幅については手術前のカウンセリングでゆっくりご要望をうかがっております。




【症例】

埋没法術前⇒術後イメージ
症例2術前⇒



【手術料金】(税別)

   料金  モニター料金
埋没式二重整形法 両側
3点留め
 ¥180,000  ¥98,000
 埋没式二重整形法 片側
3点留め
 ¥100,000  ¥60,000
 【無料保証】
埋没法当院施術後
1か月以内に外れた場合
 無料  無料
 埋没法追加1点
(当院施術後)
 ¥18,000  ¥18,000
 埋没法追加1点
(他院施術後)
 ¥38,000  ―

*モニターさんは施術後1か月目と3か月目の2回、写真を撮影に来ていただく必要があります。



埋没法は腫れないのですか?


二重切開法の比較すると埋没法の腫れは格段に小さいといえます。ただし、厳密にいえばまったく腫れないということは医学的に考えてあり得ないことです。 他院の宣伝などで、「まったく腫れない」と記載してあったとしても、「腫れていることが他人にわかりづらい」ということだと理解しましょう。実際には麻酔をしたり、糸を通す操作を行いますので、少なくともわずかには腫れを生じます。このため手術直後には二重の幅は狙いよりも太目になり、想定よりもぱっちりとした二重ラインとなります。腫れが引くにしたがって二重ラインの幅は狭くなり、狙ったラインに落ち着いていきます。



埋没法では二重ラインがとれてしまうという話を聞きました。一般にどのくらいの期間もちますか?


埋没法は、切開法を行いたくない人が選択する仮止めのような方法ですので、ラインが取れてしまうということが起こりえます。取れてしまうタイミングにはかなりの個人差があり、1か月たたないうちに取れてしまうとういことも起こりえますが、10年持つという方もいます。 2回続けて埋没法による二重ラインが消えてしまった場合には、埋没法が合わないタイプの瞼だと考え、切開法などの術式を検討することをお勧めしております。



お問い合わせ

電話相談・予約
ご相談・ご予約はお電話
でも承ります。
03-3237-8661
受付時間(月~土) 
9:30~17:30


無料メール 相談カウンセリング 予約アフターケア 相談 挿絵