眼瞼下垂症を治して若々しく大きな眼に

眼瞼下垂


コンタクトレンズの装用や花粉症、アトピー性皮膚炎などが原因で若い人にも眼瞼下垂を生じるケースが多くみられます。 視野が狭くなった、眼が小さくなって目つきが悪くなった、眠たそうだとよく言われるなどの症状でお悩みの方はご相談ください。 挙筋前転法という手術法により上まぶたを上げる機能を回復し、はつらつとした目力を取り戻します。

【眼瞼下垂症とその手術】



眼瞼下垂症

正常の上瞼においては、眼瞼挙筋とミューラー筋から瞼の縁にある瞼板という軟骨に力が伝わり、瞼をしっかりとあけることができ視野も妨げることがありません。







眼瞼挙筋の力が弱ったり、挙筋腱膜が伸びてしまったりした場合にはこの力が入りづらくなったり伝わりづらくなったりしてしまいます。この結果、瞼板に力が伝わらず開眼使用としても瞳孔に上瞼がかかってしまい、眼瞼下垂と呼ばれる状態となります。






眼瞼下垂症と呼ばれる状態は一般に開眼時にも瞳孔に上瞼がかかってしまうことを指しますが、そこまで症状が進まなくとも、上瞼が重い、眼が小さくなったなど整容上の問題が生じることがあります。

挙筋腱膜を前転させ瞼板に縫合することで瞼の上がりをよくし、瞳をぱっちりと見せることができます。








【症例】

眼瞼下垂上まぶたのたるみ




お問い合わせ

電話相談・予約
ご相談・ご予約はお電話
でも承ります。
03-3237-8661
受付時間(月~土) 
9:30~17:30


無料メール 相談カウンセリング 予約アフターケア 相談 挿絵