背中のタトゥー除去



背中のタトゥーのご相談も数多く承っています。
背中は皮膚に余裕があることが多く、大きめのタトゥーでも分割切除で除去可能なことが多くあります。皮膚がしっかりしているので縫合しやすいのですが、3層にわけて3重に縫合することにより傷が開いたり、術後に傷が拡がって目立ってしまうのを防ぐようにしています。3重に縫合するのは手間がかかることですが、最大限によい結果が得られるよう、そのような手順を大切にしています。

背中全面のような非常に大きなタトゥーは切除不可能です。この場合にはレーザーまたは植皮術、削皮術の適応となります。

背中のタトゥー除去の特徴

1.背中の皮膚が厚くしっかりしているため、切除手術の安全性が高い

皮膚の薄い部分では縫合による緊張が強くかかった場合に皮膚壊死などのリスクが高まりますが、背中の皮膚ではこのようなことは起きづらいといえます。


2.レーザー治療の合併症が起きづらい

背中の皮膚が厚くしっかりしているためレーザーによる瘢痕拘縮が起きづらいといえます。反面、厚みの深い部分に色素がはいっていると、レーザーのエネルギーが届かず完全除去が難しい場合もあります。


3.1回に切除できる面積が大きい

背中の皮膚には余裕があることが多く、1回に大きな面積を切除することができます。




背中のタトゥー除去の症例
症例2

20代女性。1回の切除で施術終了となった。 手術時間約40分、局所麻酔、日帰り。






症例1


30代女性。3回の分割切除。
1回の手術時間は40分程度。
局所麻酔、日帰り。







症例3


20代男性。1回の切除で除去完了となった。手術時間約1時間。局所麻酔、日帰り。







症例4

30代女性。背部中央のタトゥー。
2回の手術で除去。
手術時間はそれぞれ約1時間。
局所麻酔、日帰り。





症例5

30代女性。
2回の分割切除で除去終了。
1回の手術時間は約1時間。
局所麻酔、日帰り。







お問い合わせ

電話相談・予約
ご相談・ご予約はお電話
でも承ります。
03-3237-8661
受付時間(月~土) 
9:30~17:30


無料メール 相談カウンセリング 予約アフターケア 相談 挿絵