指のタトゥー除去



指に入っているタトゥーの除去では、レーザー除去または皮膚移植を最も多く行っています。デザインによっては切除が可能なこともあります。診察時にタトゥーの大きさや部位、どのくらい急いで除去したいかなどを考え合わせて最適な治療法をお勧めいたします。

指のタトゥー除去の特徴

1.皮膚に余裕がない

指の皮膚には余裕がないため、切除できるケースはあまり多くありません。タトゥーデザインによっては切除な可能なケースもあります。切除を行った場合には、術後に指をたくさん動かしてしまうと傷が開く原因となりますので、安静を保っていただく必要があります。


2.関節にタトゥーがかかっていることがある

タトゥーが関節にかかっている場合には、切除は皮膚移植により運動障害が出てしまうリスクがあります。このようなことを事前に予測し、最大限に運動障害をきたさないような除去法をご提案しますが、場合によってはレーザー治療しか選択肢がない場合もあります。


3.レーザーは比較的効果を発揮しやすい

指のタトゥーではレーザー治療の回数が他の部分よりは少なく済むケースも多くみられます。レーザーの必要回数は色素の濃さや色調によって変化します。





指のタトゥー除去の症例
症例1

30代女性
指の赤色+黄色タトゥー
レーザー治療5回でかなり目立たないところまで色素が消失した。
赤色はレーザーでは消えづらいとされている。




症例2

20代女性。
指のタトゥーを除去し、肘部から皮膚移植をおこなった。
局所麻酔、日帰り。
手術時間約1時間。






お問い合わせ

電話相談・予約
ご相談・ご予約はお電話
でも承ります。
03-3237-8661
受付時間(月~土) 
9:30~17:30


無料メール 相談カウンセリング 予約アフターケア 相談 挿絵