胸のタトゥー除去


胸部は皮膚に余裕があり、切除術の適応となることが多い部位です。ただし、胸部は呼吸とともに24時間常に動いている部分であるため、傷跡は他の部位と比較すると肥厚性瘢痕やケロイドなどになりやすいといえます。ケロイド体質の方は切除術の選択に慎重になる必要があるでしょう。

また、胸部上方の大きめのタトゥー(刺青)を切除すると、一時的に切除下側のバストや乳首が上方移動することがあります。これについても診察時にある程度の予測をお伝えしています。


胸のタトゥー除去の特徴

1.皮膚は柔らかく伸展性がある

胸の皮膚は柔らかく伸展性があるため、切除はしやすい部位です。傷がきれいに治りやすい体質の方は切除を選択していただくとよい結果が得られるでしょう。
反面、ケロイド体質の方は傷跡が目立ってしまうリスクがあります。万一ケロイドを生じた場合には保険診療の範囲内で責任をもって治療を継続させていただいております。また、ロングパルスYAGレーザーによるケロイド治療は保険適用外ですが、安価に行わせていただいております。


2・レーザーがよいかどうかは色調と色の濃さで判断

胸のタトゥーにレーザー治療をおすすめするどうかは、タトゥーの色調と濃さを見て判断します。色調があまりにもカラフルな場合には治療回数が増加することがあります。カラフルなタトゥーでは3種類の波長を組み合わせて、深い部分、浅い部分、様々な色合いに対応した照射をおこなっていきます。


3.皮膚移植はボレロ型のタトゥーでは行うことも

ボレロ型のタトゥーは面積が広いため切除が不可能のことも多く、皮膚移植の適応となることがあります。皮膚は臀部や背中などなるべく目立たない部分から採取し、移植します。皮膚移植でもケロイドや肥厚性瘢痕を生じることがありますが、この場合には保険診療の範囲で責任をもって治療を継続させていただいております。


胸のタトゥー除去の症例
症例1

20代女性
1回の手術で除去可能であった。
傷跡もきれいに治癒した。
手術時間約40分。
局所麻酔、日帰り。





症例2

2回の切除で除去完了
それぞれの手術時間は約1時間。
局所麻酔、日帰り。







症例3

胸部のタトゥー。
1回の切除で除去可能であった。
局所麻酔、日帰り。
手術時間約30分。






お問い合わせ

電話相談・予約
ご相談・ご予約はお電話
でも承ります。
03-3237-8661
受付時間(月~土) 
9:30~17:30


無料メール 相談カウンセリング 予約アフターケア 相談 挿絵